病気

この時期に発熱・・・

Img_2007 先週は双子が相次いで発熱、週前半はKenny、後半はTeddyが保育園をお休みしました。

こんなご時世に、39℃前後の高熱が急に出るというパターン・・・まさか新型インフルエンザ??じゃないわよね~~でも一抹の不安。まだ東京では感染者が確認されていない、微妙な時期でした。
小児科を受診したところ、やはり、念の為、インフルエンザの検査をされましたが、結果は陰性(-)。咳と鼻水の症状も出ていたので、たぶん違うだろうとは思っていたけど、ひと安心でした。

週末に入って、ようやく二人とも完全復活の兆し!・・・です。

写真は、ある日の晩ご飯。野菜中心の日でした。大根葉としらすを炒めて味付けしたものをご飯にトッピング。おかかを混ぜたりすれば即席ふりかけ風に。双子の大好物です。あとは牛肉のアスパラ巻きとインゲン巻き。大根の煮物、そら豆など。

| | コメント (4)

ヒブ(Hib)ワクチン接種しました

昨年から日本で大きな話題になっているヒブワクチン!
Hib(インフルエンザ菌b型)よる細菌性髄膜炎は、万一かかると重症化しやすく、また、重い後遺症が残ることもある、怖い病気です。5歳未満の乳幼児がかかりやすく、特に生後3ヶ月~2歳までがかかりやすいので要注意。

そんな怖~い病気だというのに、日本では、まだ任意接種。それも、世界から10年遅れでようやく発売されるようになったなんて。なぜ日本てこういうものが遅れているんでしょうね~?

任意接種すなわち自費なんで、1回7350円なり。双子はもう大きいので、1回ずつで済みますが、三男坊は、全部で4回接種します。ひゃー合計いくらかかるのよ。高い注射だわ。打ち終わった頃に、定期接種になって無料化するんだろうなあ(くやしい)。

今月に入り、体調が安定したので、Kenny, Teddy, Sean と3人揃って、以前から予約していたHibワクチンを接種しました。かな~り痛そうだったけど、Teddyだけ泣かず。

今回、三男坊は、HibとDPT(三種混合)と、左右両腕に一気に打ちますか?と勧められたのですが、何だかかわいそうで、別々に接種することにしました。アメリカとかでは、一気に何種類も打つのが主流で、効率よいらしいけど・・・。痛そう。いずれにしても、三男坊は、これから続々と予防接種が続きます。計画的に受けなくては~。

| | コメント (2)

三男坊、初の入院!

Img_1704 Img_1707 三男坊の病気ネタばかり続いていますが・・・Seanくん、数日前に発熱して(38℃台)、初めての入院となりました。

発熱でも、まだ生後1ヶ月3週なので、容体急変すると大変だし、検査もしなくては、ということで即入院です。

小さい手足に針を刺して、採血したり、点滴したり(手は血管細すぎて針が刺さらず、足に点滴)。鼻水の吸引も見ているほうが苦しそう。

でも、幸い、本人はほとんど(まったく?)自覚なし。”あれ~何かちょっと痛いなあ”くらいでしょうか。鼻水吸引のときも、瞬間的に身もだえするけど、直後にコテっと寝ていたし・・・採血の最中もほとんど泣かなかったそうで・・・”恐竜並みの痛み神経”って本当ですね、まいさん。

新生児の場合、入院してもトラウマにはならなそうでよかった。Kennyが1歳半くらいで初入院した際は、柵付きのベッドに絶対に寝ようとせず、終始大泣き状態で大変だったもの・・・それがトラウマになり、2度目の入院のときはもっとすごかったもの・・・(遠い目)

Seanくん、症状が悪化する気配もなく、熱もすーっと下がり、ミルクも飲めて元気なので、2泊3日で退院となりました。鼻づまりは続いていますが・・・
周囲には、ゲホゲホ、ゼロゼロいっている子供が沢山いたので、逆に入院が長引くことによって何かうつされそうだったので、早々に退散することになったのです。

とりあえずほっと一息。病院が近かったのでラクだったとはいえ、やはり、通院・看病て疲れますからね~。おウチが一番。

| | コメント (4)

いちご状血管腫

Img_1682 我が家の三男坊、Seanくん、生後2~3週目あたりに、急に、おでこの上部(前髪の生え際)に赤いアザが出現しました。

最初は、これ何かなあと思って、経過観察していたところ、だんだんと色濃くなり、盛り上がってきました。いちご状血管腫という、赤アザの一種のようです。

これまで、赤ちゃんのアザ、というと、蒙古斑(青アザ)くらいしか知らなかったけど・・・こんなアザもあるんですね。ちなみにSeanは蒙古斑はほとんどないのですが。

Seanの赤アザは、今のところ、それほど酷くないのですが、酷くなる場合、広範囲になったり、盛り上がって本当に”苺”みたいになるそうで・・・。コワイ。

一応、半年~1年前後で自然治癒するものだそうですが、今どきは、さっさとレーザー治療することもできるそうです。レーザー治療、ちと痛そうだけど、新生児のうちにすればトラウマにならずに済むという説もあり。いずれにしても、うっすらと痕は残るそうです。さて、どうしたものか。悩んでしまいます~。

| | コメント (6)

ナゾの蕁麻疹

先週後半より、Teddy がナゾのじんましんに悩まされております・・・
保育園のおやつを食べた後に急に出始めたそうで、その翌日から保育園を休み、病院をはしごしています。最初は、町医者にかかっていたのですが、治らないので、紹介状を貰って大学病院まで受診しました。

つるつるだった肌が、赤味を帯びた細かい湿疹で覆われ、痒がっています。ほぼ全身です。顔も少し腫れぼったくなっています。痛々しい~

原因は一体何??
こういう原因不明の病気って一番厄介です。お医者さんにもはっきりとは分からないようですし。
とりあえず、感染する病気ではないそうだけど、何らかのアレルギー反応のようです。食べ物か、最近服用していた風邪薬の類か。

これまで出ていなかった食べ物のアレルギーが、突如出てくることもあるそうです。これから当分、食べ物には細心の注意を払わないと!刺激を減らさないと、本格的なアレルギーっ子になってしまう心配も。

Teddy は常に食欲旺盛、何でも食べる~ってタイプだから、ついつい大人と同じようなものを沢山あげちゃっていたんですよね~それが悪かったのかなあ。

二人の風邪がやっと治ってきたと思ったら、今度は蕁麻疹・・・もっと大変です~(ため息)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

また病気です

Img_0955

8月終わりの週末に、早速、山梨は勝沼まで”ぶどう狩り”に行ってきました。
結果はいまひとつ・・・でした。ぶどう園がたくさんありすぎて、どこがいいか分からず、ネットでちょっと見て、適当に行ったのです。そうしたら、そこ は農薬まみれのぶどう園・・・(涙)お金払ってから遠くの畑まで連れて行かれ、行ってみたら、農薬まみれなことが分かり、ショック。
道端の水道で洗って、少しだけ食べましたが、そそくさと退散しました~。こういうのは、無農薬とか有機栽培とかちゃんと調べてから行くべきですね!反省です。

そのうえ、帰宅後、二人とも謎の発疹が・・・。まさか農薬のせいではないと思うけど、虫刺されぽいブツブツが手足、顔にも。結局、月・火と保育園を休み、病院へ行きましたが、診断結果は、虫刺され。水曜日からようやく登園できました。

安心したのも束の間で、次の週末から、風邪症状が出始めました。
Teddyは翌週、1週間まるまる保育園を休み、Kennyは、火曜日に早退してそのまま金曜日まで休みました。
Teddyの症状はけっこう重く、激しい咳、鼻水、発熱(39度くらいまで上がることも)、嘔吐。Kennyは元気だけど、咳と鼻水、微熱あり。
週3回も通院し、Teddyは最後は点滴までしました~(涙)。ここ1,2日ようやく回復の兆しが見えてきたけど、でもまだ安心できる段階ではないです。来週も、果たして保育園に行けるかどうか・・・微妙な感じです。
こんなにひどい風邪になったのは初めて!です。風邪もあなどれないですね。

まあ、こうやって少しずつ免疫をつけていくんでしょうけどね。

(写真は、勝沼にて。まだ元気だった二人。お天気も良く気持ちは良かったのですが・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手術

Kennyの、ヘルニア手術、無事に終わりました~。
手術そのものは、1時間程度。全身麻酔なので、30分くらい前に手術室に入ったけど、手術終了時には、麻酔も醒めていて、大泣きしているところをお迎えに行きました。

入院といっても、結局、朝、病院へ行って、夜、退院したので、泊まらずに帰りました・・・要は日帰り!
Kennyは、以前にも風邪をこじらせて2泊入院したことがあって、それがトラウマになっているのです。
小児科の高い柵がついたベッド恐怖症で、一切、ベッドに置けないのです・・・泣き叫んで嫌がるので。

手術の日も、夜、退院するまで、ずーーーーーっと「抱っこ」でした。途中、何度も大泣きするし。ときどき寝たかな~と思ってベッドに置こうとすると、「ぎゃーーー」。
疲れました!!!

でも、無事終わって良かったです。経過は良好。翌日から、普通に家で遊んでおります。シャワーもOKです。
子供の回復力ってすごいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度はそけいヘルニア!

昨夜、Kennyが、ウ○チが出そうな感じだったので、思い切って「トイレでしてみる?」と誘ったんです。
家のトイレでするのは初めて!小さい便座を乗せて、座らせて、「うーん、うーん」と声をかけて気張らせたんです。そしたら、小さいウ○チが出たんです。さんざん褒めて、終了!

数分後・・・Kennyが激しく泣き出しました・・・ちょうど主人もいたのですが、「お腹痛いんじゃない?」と余裕の表情。でも、私が抱っこしても泣きやまず、何か変・・・汗も出ているし、何か痛そうな泣き方・・・あ、下腹部を押さえているし・・・もしや?
「もしかしてヘルニアじゃない??」と私。主人が、じゃあ、ちょっと見てみようと抱っこして、オムツ取ったところ、右下が膨れている!「わ!本当にヘルニアだ!」

それからは大騒ぎ~でした。

でもまあ、程なく落ち着きました・・・今日の午後、病院で検査、明後日入院(夜は外泊可)、明々後日”手術”、に決定。

簡単な手術だそうなので、それほど心配はしていないけど、やっぱり何かと大変。

子供がいると、本当に、次から次へといろんなことが起こりますな~。
初トイレトレで気張った結果がこんなことになるとは。でも、早く見つかって良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手足口病

今週、双子が立て続けに発熱し、保育園を早退しました。

保育園で、「今日、園で手足口病の子が出たんです!」と言われ、Kennyの足にもうっすらと発疹があることを指摘されたので、病院に行ったところ、うちの子たちも、手足口病でした!(ウィルス性の軽い夏風邪の一種ですかね)

手足口病と言っても、ごくごく軽症で、発疹も見えないくらいうっすら程度。
熱は38℃くらいまで上がって、丸一日はぐったりしていたけど、翌日には平熱に戻り復活、元気いっぱい・・・なんだけど、一応感染性の病気なので保育園は数日休むことに。
でも実は今週、もともと後半から夏休みをとる予定にしていたので、結局来週まで、ずーっと休むハメに。
ああ・・・長過ぎるバケーションになってしまいました~~

毎日猛暑・・・双子を連れての外出、クラクラとめまいがしてきそうです(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)